ごく普通のサラリーマンのサイクルロードレース

ごく普通のサラリーマンがサイクルロードレース 世界選手権に出場を目指すブログ

遅れ馳せながら!富士ヒルレポート&下山パトロール隊について

出て参りました。Mt.富士ヒルクライム

f:id:yonpei-lespaul:20180617204824j:plain

昨年は柴又100kと言うウルトラマラソンの次の週に参加したこともあり

散々たる結果でした。

(タイム的には90分31秒)

 

今回は疲れを残さぬようTSBをプラスに持って行くように調整しました。

もちろん!柴又100kにも出ておりません!

 

結果から言うと…1時間23分14秒54!!

PB更新です!

私自身の目標タイムは今回80分切りだったので3分及ばず。

原因について考えましたが、現在考えられ得る最も大きな問題は…

体重増加&体脂肪率増加です。

 

昨年のツール・ド・おきなわ直前と富士ヒル直前を比べて見ます。

 

おきなわ2017 → Mt.富士ヒルクライム

体重:58.4kg → 62.0kg

体脂:4.5%   → 6.9%

 

圧倒的増加!!

やっちまった感満載です。

本音を言えば、その分FTPも向上しているので

良しとしたいところではありますが

結果が出なければ全て言い訳にしかなりません。

 

ちなみに20分間の平均パワーは…

おきなわ2017 → Mt.富士ヒルクライム

Ave 20min:224W → 264W

上がっている!

ただ、264WはWahooの記録なんですよね。

pioneerさん曰く「258W」です。

それにしても昨年末に比べ向上していること間違い無し。

細かい言い訳をすれば、ドラフティングが全区間殆ど出来なかったとか

ありますが、それは他の方もそうみたいなので言いっこ無しかと。

と言うことで短いですが、富士ヒルのレポを…四平個人的なレポを終わります。

 

ここからは下山パトロール隊についてお話します。

エントリー時に申し込める下山パトロール隊。

メリット/デメリットについて書きたいと思います。

来年申し込むか悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

 

f:id:yonpei-lespaul:20180617210836j:plain

 

◼️メリットについて

  1. 下山待ちが効率的
  2. 下山パトロール隊専用ビブスが手に入る!
  3. 荷物を先導車に預かってもらえる!

まずメリットからですが、下山時間ギリギリまで室内で待つことが許されます。

そして時間が来たら一気に下山待ち列の先頭まで行くことが出来ます。

そして、これを目当てに申し込む人がいる!?との噂の

下山パトロール隊専用ビブスがもらえます!

ただ今回はビブスでした。ええ。袖が無いのです。

普段あまり使う気には正直成れませぬ。

最後のメリットですが、手荷物を先導車に預かってもらえます。

今回のような雨の中では背負っている荷物は雨ざらしです。

預ければその心配もありません。

また下りで邪魔になることもありません。

 

◼️デメリットについて

  1. 下山時間が遅れる
  2. 落車があった際は対応の必要あり

私が感じたデメリットは2つです。

気付いたら追加するかも知れませんが…。

 

上のメリットと相反しますが下山時間はある程度、コントロールされます。

私は7ウェーブスタートでしたがゴールは大体6ウェーブの方々と一緒でした。

ただ下山は第9グループ。

約1時間程頂上のレストランで待つことになりました。

※当たり前かも知れませんが待ち時間の最中にカロリーを取った方が良いです。

予め補給食を用意するかいくばくかのお金を持参してください。

私は補給食で済ませましたがお金があれば温かいものが食べたかった…。

もう一つのデメリット?です。

これは役目なので仕方ないし、承知した上で申し込むことになりますが

落車や事故があった際にはその対応が求められます。

私のグループでも落車があり、一人の方が対応されておりました。

もちろん、寒い中対応しており身体は冷える一方だと思います。

はっきり言って大変です。

また、敢えてデメリットとは書きませんでしたが

40km/h以下で降るよう指示があり、周りの方々にもお願いし

先頭のパトロール隊員を追い抜かないようにお伝えするのですが

バンバン抜かれます。

大抵抜き去って行く方が落車等のトラブルを発生させます。

注意はしても、無視されるばかり。

ちなみに追い抜く人は落車しなくても無理な追い越しで後続が落車するようです。

本当に気をつけて欲しいです。

 

結論!

来年、下山パトロール隊に申し込みますか?と言われれば

答えはNo.です。

一度やれば良いかなと思うところと一刻も早く下りたいと

思う気持ちがあり次回はやらないと思います。

 

来年はシルバー狙いでもう一度挑戦します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時坂峠&風張林道!そして東京裏山ベースで癒やされる!?

こんにちは。

先週末に久々に峠を楽しもうと会社の先輩と

時坂峠風張林道に行ってきました。

 

ルートも先輩に引いて頂いたので全然、峠の強度も長さも
全く知らず…そんな状態で悪名高い?風張林道に臨んでしまいました。

 

当日は天気も良く、武蔵五日市までの移動は多摩サイを使って移動。
ここを通る度に思うのですが危ないですね。
何故かあのような場所で息が切れるほど飛ばす人、結構いますね。
最早、多摩サイのメリットは止まらんずに移動出来るだけに思えます。

その後、いつもの道(県道番号くらい覚えよう)を通って武蔵五日市駅へ。
途中、ピンクのジャージの速い方に抜かれます。

先輩から「あの人、ブルベのすべてを書いた筆者かも」との
情報があり話しかけたい一心で追い掛けます。
抜いてきたスピード、安定したフォーム、只者では無い速さでしたが
信号を上手く使って何とか追いつきます。


何とか追いつき

「そのジャージ、まだ時期的に入手難しいんじゃないですか?」と

問いかけたところ

そうですね。自分で作ったので…」とのこと。

本人様だったようです!私と先輩、歓喜

ブルベを極める方は実走でも速かったです!

 


その後、時坂峠を目指して進みます。
途中、武蔵五日市駅の前を通り変わったカフェ?を見つけ
帰りに寄り道することを先輩と約束。

 

時坂峠に入りますが、下調べを全くしてこなかったこともあり
どれくらいの距離でどれ位の強度かも分かりません。


登る途中で先輩に聞くも

「直ぐ着きますよ。」

「ぼちぼちですよ。」

と言う至って曖昧な情報をくださるだけ…。
仕方ないので行けるところまで全力で登ります

 

実はどこが頂上なのか分からないまま、

ズンズン進むとやがて下りに

f:id:yonpei-lespaul:20180605180401j:plain

入りました。

少し下りがあるコースなのかなぁと思ったのですがあまりにも下るので
心配になって戻ります。

途中、ローディーさんが居たので聞いてみると頂上はとっくに過ぎているとのこと。
残念ながらゆっくり登ります。

 

頂上と思われるところで少し待つと先輩が登ってきます。
ちょっとお話しながら休憩し、本番の風張林道を目指します。

 

風張林道はどこからが風張林道なのか分かりませんでしたが
まず、きのこセンターまで登ろうと言う約束をしてから登りだします。

 

きのこセンター風張林道で言うと道中半ばくらいだそうで
そこまで行ってから先を登るか考えようとアドバイスをいただきます。
別に登りきってしまえば良いのでは?と思いましたが登りだして気が変わりました。
噂通り厳しい登り!!

f:id:yonpei-lespaul:20180605180435j:plain


 

最初からゴリゴリ登りましたがきのこセンターに行く前の登り返しから

一気に厳しくなります。

一応、完走を目指し一旦フルパワー走行をやめます
それでも十分きつい斜度。
とりあえず、きのこセンターを目指して頑張ります。
いえ、頑張らずに登る方に走り方を切り替えたのに辛い辛い。
その証拠に20分間の平均パワーが自己最高の263Wを記録!f:id:yonpei-lespaul:20180605180443j:plain
いや嘘だろうと思うのですがこの斜度なら仕方ないと思いがんばります。


きのこセンターに着く頃にはあと半分かぁとちょっと嫌な気持ちに…。
そして、先輩を待つという大義名分が有るので足を着いてお休みに入ります。
ちょっと遅れて先輩が追いつきます。
死にそうだとのこと。
脚は終わっているのでこの後の登りは辛いとのことで大義名分を得て!下ることになります。


下った後は武蔵五日市駅前で見つけた「東京裏山ベース」に向かいます。

www.ura-yama.com

ここ良いですね。
コーヒーも美味しいしシャワーもあり、困った時用のロードバイク、その他の
修繕用のチューブやタイヤ等があり駆け込み寺っぽい機能もありそうです。
ただ、バイクラックが無いのがちょっと残念なところです。

f:id:yonpei-lespaul:20180605180601j:plain
それはともかく、店員さんも店長さんも感じの良い方なのでストレスが全く無いです。

 

しばらくゆっくりしてから後ろ髪を引かれながら帰路に着きます。
その後、出会いも有ったのですがそれはまた後日ここに書きたいと思います。

いつも最後までお読み頂きありがとうございます!

 

三芳町クリテリウム エリートカテゴリーに参戦して参りました!

鉄は速い内に打てていない今日この頃…ですが
先週末の日曜日に三芳町クリテリウムに参戦して参りました。

f:id:yonpei-lespaul:20180524112420j:plain

 

生まれて初めてエリートカテゴリーに参加しJPTを走る
小室さん(イナーメ信濃山形)ともお話する事ができました。
その模様をレポートします。

 

 

◆コース
埼玉県三芳町に石坂産業株式会社付近の2km周回コース
4つの90度コーナーを繋ぐシンプルなコース

 

◆コースプロフィール
距離:2km 獲得標高ほぼなし


◆結果
(DNF)/19人(T_T)

 

◆当時朝
・前日に調子が悪いながら(風邪が完治せずに)実家(埼玉)まで移動しておいた甲斐があり
 実家からは20km。アップも兼ねて移動、約1時間で到着。

 

◆会場到着~スタートまで
・会場には既にチームメイトの2人が到着し受付の長蛇の列に並んでおります。
 時間的にはスポーツクラスは受付中、ビギナークラスがスタート地点で

 並んでいる状況。
 しかし、ビギナーも(きっとフレッシュマンも)、スポーツクラスも

 人数が多すぎて恐怖を感じます。

 

・チーム2名のレースを観戦するも見ていてローリングが怖い怖い。
 スポーツクラスは93人の参加者が居て、審判が選手をコントロール
 仕切れていないように見えました。あの人数であのコースは
 きっと厳しいんだろうなぁと。
・観戦していたスポーツクラスは結局、落車が原因で中切れを起こして
 集団が別れている?ように見えました。
 チームメイト2名は第3,4集団に居て思うようにレースを展開出来ていない模様です。
 二人ともその実力を活かしきれていない…。
 見ていて申し訳無い気持ちになってしまいまいした。

 

◆スタート前
・スポーツクラスのレース中に受付開始。
 スタート地点には既に殆どの選手が集まっていて雑談をしておりました。
 私も列に並ぶが知り合いは居ない…

・地元チームのシャークアイランドの皆さんに中心に話をしながら場を

 和ましてくださいます。
 私の直ぐ隣にいるイナーメの小室さんは黙々とストレッチ中。

・当日スマートコーチングのジャージを来ていたこともあり
 小室さんから話しかけて頂く
 話をするとスマートコーチングでやっているサーキットトレーニングの内容や
 私個人のトレーニング内容に対していろいろとご質問を頂きました。
 

サーキットトレーニングはタバタベースの筋トレ&ワットバイクを
 漕ぐトレーニングであること。
 それをやると水曜に実施したのに金曜日まで疲労で眠くなると説明しました。

 小室さん曰く

  眠くなるのは成長ホルモンが分泌されているからであり、
 非常に効果的なトレーニングをしている証拠ですね!
 と前向きなコメントを頂きました。
 結果を出されている方から肯定的なご意見を頂きより一層、

 サーキットトレーニングを頑張る気になりました!

 

※小室さん曰く40歳を過ぎると自然に成長ホルモンが分泌されにくくなっており
 トレーニング・回復共に工夫が必要とのことでした。

 

◆レース
・そんなことを話しているとレディースのレースが終わり、

 エリートカテゴリーの選手がスタートに誘導されます。
・移動は先導車(バイク)が入るので誰も追い抜き等無く談笑しながら進みます。
 スタート地点では落車が多く発生していると言うことと、
 コーナーにでの曲がり方について説明がありました。
 また集団から1分30秒千切れたら即DNFです、

 ローリングは3周回とのアナウンスもありました。

・3週がローリングと言われましたが、普通に2周目から追い抜きがあります。
 ただ、無理な追い抜いは無くちゃんと外を通って前に出る人が数名いる程度。
 怖さは感じません。小室さんは動かず。集団後方にいる。

 私はこの時点で集団中段でした。

・リアルスタート直後、バックストレートで落車発生!
 落車は私の右前方で発生した模様です。
 ただ、左に避けると後ろを巻き込みそうなので真っ直ぐ進みました。
 幸い前の人も左に避けること無くに突っ込んでくれた?ので

 私は巻き込まれず済みました。

・ただ、この落車で集団が分断しました。
 完全に私のちょっと前で中切れが発生。
 前の人は踏まないみたいなので慌てて踏みます。
 絶望的な距離に見え追いつけません。
 ほぼスプリント(975W)と同じくらいの勢いで踏んでゆくが追いつかない
 その時!隣を小室さんと若い選手が追い抜いてゆきます。
 その速度差が凄い!一気に先頭集団に追いついておりました
 
・その後、メイン集団から千切れたため後続に残った4名で回して延命を目指します。
 結局、その後1周回する内に一人切れ、2周回(計4周回)してDNF。
 レースとしては最初の2周回で終わったと認識しております。

f:id:yonpei-lespaul:20180524113109j:plain

 

◆レース後
・レース後は道端で観戦していたけんたさんを見付けお声掛けしました!
 一緒に写真を撮ってもらってバイクの話になってeTapの話に。
・けんたさんもeTapを使っているが、彼のリアディレイラーはスタンダードモデル。
 私はミドルゲージ。珍しかったようでバイクをじっくり見て頂きました。
 その後挨拶して、レース観戦に戻ります。

・レースは逃げ1名と第一、第二集団と綺麗に別れており
 逃げは元気の良い若者一人。
 それを5,6名で追う形になっております。
 第二集団はもうほぼ回収車に回収される寸前で回しているように見えます。
 ※先頭集団との時間差は40秒、最後の方は1分を越えておりました。

・途中、小室さんが逃げにBridgeを掛けます。
 その影響で第一集団はバラバラに分解。
 2名程、第二集団に吸収されるが第一集団も3名で回す。

 逃げは小室さんと若者の2名。

・最終的には小室さんが最後刺してで勝利。
 
・帰宅途中、レースから引き上げてくる完走した方々と遭遇。
 気持ちよく「お疲れ様です!ありがとうございました!」と

 声を掛けて頂きました。

 

◆纏め
・はっきり言ってエリートで出場して良かったです。
 レベルの格差も大きくあったがそれ以上に得るものが大きかったです。
 そして何よりレースは落車があったものの

 エリートカテゴリーの自体は安全であったと確信しております。
 それは人数の少なさと走っている競技者のマナー、テクニック等が

 あったからこその結果だと思います。
 
 正直な感想は…スポーツカテゴリーでは恐怖を感じる程の人数だったです。
 あれでは私は出場したくない。
 もちろん、フレッシュマン、ビギナーどちらとも出るのは同じ様な

 状況だと思います。

 

・自分自身の反省ですが、クリテリウムは苦手意識があります。
 未だに前向きになれません。
 しかしながらロードレースの一場面の練習であるとも考えられるので
 今後も結果が出るまで積極的にとは行かずともチャンスがあれば

 出場しようと決めました。

 

クリテリウムは完全にパワーとインターバルの世界であることを再認識。
 その後に駆け引きや戦略があると思う。私はベースがまだ出来ていないと

 痛感しました。

 

・何より小室さんは集団後方の不利な位置に居たにも関わらず
 一旦、千切れた状態から軽々と?集団に復帰する瞬発力を持っておられました。
 あそこまでのパワーと手に入れることは不可能だとしても、
 レースや状況によってBridgeを掛けられる必要がありそのパワーは欲しいです。

 

・一番悔やまれるのは風邪を引き、完治しない状況で出場したと言うことです。
 CTLも110以上であり風邪が無かったら、落車が無かったらどこまで

 通用するのかやってみたかった…。
 何を言っても後の祭りなので

次のレース(Mt.富士ヒルクライム)を頑張ります!

 

サーキットトレーニング2回目

スマートコーチングのサーキットトレーニング2回目に行って参りました。

 

内容はともあれ、タバタを6セットを6種目やる…やり切る、そんなトレーニングでした。

 

トレーニング種目はワットバイクを使ったモノからトランポリン、腹筋、腕立てと一見普通のトレーニングですが一周回ると分かるんですがバイクに乗る動作に連動したトレーニングに、なっています。

 

終わった後に

ああ。この姿勢…まさに漕いでいる姿勢だ。

 

となるです。

そして全種目やると自分のどこが弱いのか一発で分かります。

はっきり言って過信していた自分が恥ずかしいです!

上半身なんてバドミントンやボクシングの名残も無い!

そして相対的に右脚の方が弱い?ようです。

瞬発的動作に必ず遅れが生じるのは全て右脚から。

トルクが出ると言う事と、スピードが出ると言う筋肉は違うと痛感しました。

 

ちなみに全行程をこの日のパートナーになって下さった方がスマホで撮影してくださいます。

f:id:yonpei-lespaul:20180517174907p:image

帰りの電車や家でゆっくり見て反省出来ると言うのも、このサーキットトレーニングの良いところ。

 

独特な雰囲気のコミュニティにはまだ慣れませんが…少し理解出来てきました。

 

きっと一人だけではあのトレーニングは熟さないと思います。

質が落ちるか続かないですね。きっと。

 

と言う事で個人的には週に一度と言わず二度三度やれればと思いました。

これは個人的に賄うしかありませんが安藤さんのアドバイスに従ってまずは毎週水曜のこの会でしっかりやりたいと思います。

 

と言う事で強度の高いトレーニングは週1分は確保できる見込みなので後は迷わず実走に時間を費やしたいと思います。

 

今日は起きられませんでしたが、明日から頑張ります。

さて、後一点。

土曜日は雨の予報だけどどうしよう。

レースの前の日だけに少し走って起きたいのですが…。

 

体調崩したらフロントディレイラーも不調に

久々に風邪を引き会社を休んでしまいました。

当然、トレーニングも丸2日お休みしました。

お陰様で?脚のハリは完全に取れて絶好調です。

今日から仕事復帰です。

さて、そんな中我らがeTapさんですがいきなり理由も分からず不調に陥りました。

症状はフロントディレイラーが動かない!です。

f:id:yonpei-lespaul:20180515184358j:image

ディレイラーのボタンを押してもLEDが光るだけでうんともすんとも言わない…

もちろんSTiレバーの変速ボタンをクリックしてもこれまたLEDは点灯しますが動きません。

 

取り敢えず出来る事と言えば、ネットで検索!なのでググります。

 

出て来た答えは非常に少なく一件だけ…

でも症状はほぼ一緒です。

結論は…代理店さんが無償で新品交換!!

 

これは週末のレースは間に合わないパターンですね。

 

と思いながらショップに持ち込むと、

ワンセット予備が姉妹店にあるのでそっちを貸してくださるとのこと。

助かりました!

そしてありがとう!

 

という事で、私の体調さえバッチリならば週末の三芳町クリテリウムには間に合いそうです。

 

三芳町クリテリウムは実家から近い!と言う理由だけで申し込みました。

あ、あとけんたさんがパレードランに参加すると言うのも決め手の一つです。

 

ただ参加カテゴリをエリートにしてしまったのでとにかく千切れず付いて行くことが目標になりました。

 

ええ。頑張ります。